6/24(土)吹田市岸辺から垂水にかけての史跡を訪ねる

月に一度(第4,5土曜日7月、8月12月は除く)現地見学会を実施しています
会員 資料代100円~200円。
一般 資料代100円~200円+参加費500円。
交通費各自購入。他には特に定めはありません。
最寄駅から気軽にご参加ください。
35214_3

35216_2
35215_4
・レジュメ代・博物館入館料を含め、会員は300円、会員外は800円。
・交通費は各自ご負担ください。
・吹田市在住の65歳以上の方は別途割引があります)
・昼食は弁当を持参ください。昼食場所の近くには食堂・売店はありません。
・吹田市立博物館では、当日は「室戸台風」の特別展を開催中です。
・中西家住宅は外観のみの見学となります。

6/10(土)葛城氏研究の現状と課題-考古学から見た葛城集団の実像-( 藤田和尊 先生)

次回例会のご案内6月10日(土)
会場   阪急蛍池駅前ルシオーレ4階 豊中市蛍池公民館第2集会場
13:00 受付開始
13:15  諸連絡・ミニ講座(会員 阪口孝男)
      「西暦600年、遣随使・派遣の謎と隋の高句麗遠征諸連絡」
14:00 講演
           「葛城氏研究の現状と課題-考古学から見た葛城集団の実像-」
            御所市教育委員会 文化財課課長 文学博士 藤田 和尊 先生
16:00 終了 

Jpg32_4
Jpg33_3

■例会・入会受付

2017_2

月1回 第2土曜日 入会金1,000円 会費1,000円/月(三ヶ月分前納)

飛び込み聴講  1,300円(一度当たり資料込み)
来場ができない方には会誌『つどい』、現地見学案内 などを郵送させていただきます。(つどい会員 3,000円/年間)

■会場
〶560-0033 豊中市蛍池中町3-2-1
豊中市立蛍池公民館第2集会所(ルシオーレ4階)
または 第1集会場(ルシオーレ5階)

TEL:06-6843-5561  FAX:06-6841-509

train阪急電車宝塚線蛍池駅,大阪モノレール蛍池駅
改札階はルシオーレ3階となっています。


現地見学会
月1回(8月12月を除く) 第4・5土曜日


■アクセス

阪急電車・宝塚線、大阪モノレール"蛍池"下車
蛍池駅の西隣・ルシオーレ内
Photo


阪急電車・宝塚線/モノレール・蛍池駅改札口はルシオーレ3階に接続しています。
4階公民館第2集会所に行くには、ルシオーレ(北館)東南隅にあるエスカレーター、または西南隅にあるエレベーターをご利用ください。
なお6階教育センターへはエレベーターをご利用ください。(エスカレータでは行けません)

自動車でおいでの方は、ルシオーレ地下有料駐車場をご利用ください。
ルシオーレ(北館)北側に駐車場入口。 20分 100円(障害者用あり)。
駐車場から5階まで行くには、エレベーターをご利用ください。
Photo

5/27(土)志賀高穴穂宮・近江大津宮と渡来人の里を訪ねる

月に一度(第4,5土曜日7月、8月12月は除く)現地見学会を実施しています
会員 資料代100円~200円。
一般 資料代100円~200円+参加費500円。
交通費各自購入。他には特に定めはありません。
最寄の集合場所から気軽にご参加ください。
Jpg24_2

Jpg27_2
Jpg25_2

塚口義信先生著『邪馬台国と初期ヤマト政権の謎を探る』を拝読して(荊木美行先生)

『つどい352号』
塚口義信先生著『邪馬台国と初期ヤマト政権の謎を探る』を拝読して
皇學館大學研究開発センター教授 荊木美行先生

⑧→画面をクリックすると大きくなります。
3528_2

3529

35210

35211

35212

35213

35214_2

35215

35216

35217
35218

推古天皇と蘇我馬子と隼人馬(下)(平林章仁先生)

つどい352号
①→画面をクリックすると大きくなります。
3521

3522

3523

3524

3525

3526

3527
3527_2
『つどい352号』
塚口義信先生著『邪馬台国と初期ヤマト政権の謎を探る』を拝読して
皇學館大學研究開発センター教授 荊木美行先生

3528












⑯⑰⑱⑲⑳

推古天皇と蘇我馬子と隼人馬(上)(平林章仁先生)

つどい351号
龍谷大学教授 平林章仁先生
①→画面をクリックすると大きくなります。
3511_2

3512

3513

3514

3515

3516

3517

3518

3519

35110

35111

35112
『つどい352号』につづく

5/13(土)播磨国風土記とその神々-在地神と異境の神-(荊木美行先生)

<次回例会のご案内>
5月13日(土) 
会場   阪急蛍池駅前ルシオーレ4階 豊中市蛍池公民館第2集会場
13:00 受付開始
13:15 平成29年度総会
      諸連絡
14:00 講演 播磨国風土記とその神々-在地神と異境の神-
      皇學館大学研究開発推進センター副センター長
             教授 ・文学博士 荊木美行先生
16:00 終了
 

20170463
20170464
20170465_2


■例会・入会受付
20174_2

月1回 第2土曜日 入会金1,000円 会費1,000円/月(三ヶ月分前納)

飛び込み聴講  1,300円(一度当たり資料込み)
来場ができない方には会誌『つどい』、現地見学案内 などを郵送させていただきます。(つどい会員 3,000円/年間)

■会場
〶560-0033 豊中市蛍池中町3-2-1
豊中市立蛍池公民館第2集会所(ルシオーレ4階)
または 第1集会場(ルシオーレ5階)

TEL:06-6843-5561  FAX:06-6841-509

train阪急電車宝塚線蛍池駅,大阪モノレール蛍池駅
改札階はルシオーレ3階となっています。


現地見学会
月1回(8月12月を除く) 第4・5土曜日


■アクセス

阪急電車・宝塚線、大阪モノレール"蛍池"下車
蛍池駅の西隣・ルシオーレ内
Photo


阪急電車・宝塚線/モノレール・蛍池駅改札口はルシオーレ3階に接続しています。
4階公民館第2集会所に行くには、ルシオーレ(北館)東南隅にあるエスカレーター、または西南隅にあるエレベーターをご利用ください。
なお6階教育センターへはエレベーターをご利用ください。(エスカレータでは行けません)

自動車でおいでの方は、ルシオーレ地下有料駐車場をご利用ください。
ルシオーレ(北館)北側に駐車場入口。 20分 100円(障害者用あり)。
駐車場から5階まで行くには、エレベーターをご利用ください。
Photo

横穴式石室に見る九州諸豪族とヤマト王権(宇野愼敏先生)

『つどい』350号
横穴式石室に見る九州諸豪族とヤマト王権
-横穴式石室の地域性と機内系横穴式石室について-
北九州市芸術文化振興財団学芸員 宇野愼敏先生

①→画面をクリックすると大きくなります。
3501_2

3502

3503

3504

3505

3506

3507

3508

3509

35010

35011

35012

35013
(つづき)
生国魂神社初詣と大阪市内中心部の史跡を訪ねる
=end=

日本古代における文字使用の開始(市大樹先生)

つどい349号
大阪大学大学院准教授 市大樹先生

①→画面をクリックすると大きくなります。

Tudoi3491

Tudoi3492

Tudoi3493

Tudoi3494

Tudoi3495

Tudoi3496_2

Tudoi3497

Tudoi3498

Tudoi3499

枚方市牧野・禁野の古墳と社寺を訪ねる

2017021_1024x768

2月の現地見学は枚方市禁野(きんや)から牧野にかけての古墳と社寺を訪れました。 前期古墳の禁野車塚古墳・牧野車塚古墳、式内片埜神社、アテルイの塚、百済王(くだらのこにきし)氏の百済寺跡などが中心です。

2017022_1024x768

2017023
2017024
2017025

『つどい』351号

35113
35114
35115
35116
35117
35118
35119
35120
20170415
20170416
20170417
20170418
20170419
20170420
20170421
20170422
20170423
20170424
20170425
20170426
20170427
20170428
20170429
20170430
20170431


豊中歴史同好会

ヤマト政権と大夫(マエツギミ)制-6,7世紀の豪族と天皇の関係-(水谷千秋先生)

つどい348号
堺女子短期大学教授 水谷千秋先生
①→画面をクリックすると大きくなります。
3481


3482_2

3483_2
3484_2

3485

3486_2

=end=

生国魂神社初詣と市内中心部の史跡を訪ねる

2017019

1月28日(土)
生国魂神社初詣の後、高津宮、難波宮および周辺遺跡、玉造稲荷神社、真田丸を見学しました。法円坂倉庫群と難波宮内裏西方官衙については大阪歴史博物館の学芸員またはボランティアガイドさんに案内していただきました。

20170110
20170111
201701_1024x768

『つどい』350号

20170314_2

20170315

20170316

20170317

20170318

20170319

20170320

20170321

20170322
 
P1370570_1024x682
          生國魂神社に参拝します
P1370596_1024x576_2
          本年の無事息災を祈念しました
P1370607_1024x576
境内西側は崖になっています。古代は大阪湾が迫っていました。
P1370611_1024x576
                北側の門
P1370618_540x1024
            ビルに挟まれた神具店
P1370625_1024x566

H290246
H290247_2
H290248
H290249
H290250
H290251
H290252H290253
H290254
H290255
H290256
H290257
H290258
H290259
H290260
H290261
H290266
H290267
H290268
H290269
H290270_1024x768
H290271
H290272
H290273
H290274
H290275
H290277
H290278
=end=

継体天皇大和入りの反対勢力を考える(西川寿勝先生)

つどい347号
大阪府立狭山池博物館 西川寿勝先生

①→画面をクリックすると大きくなります。
Tudoi3471_4

Tudoi3472_4

Tudoi3473_2

Tudoi3474_2

Tudoi3475_2

Tudoi3476_2

Tudoi3477_2

Tudoi3478_2

Tudoi3479_2

Tudoi34710_2

Tudoi34711_2

Tudoi34712_2

Tudoi34713_2

Tudoi34714_2

Tudoi34715_2

Tudoi34716_2

11/26(土)飛鳥南部の終末期古墳を訪ねる

11月26日(土)
この秋、キトラ古墳周辺地区の国営飛鳥歴史公園(キトラ古墳体験館・四神の館)が整備されました。 これを機に、壺阪山駅からキトラ古墳周辺、高松塚・中尾山周辺、伝天武・持統陵(野口王墓古墳)を経て飛鳥駅まで歩きました。 また、希望者のみ飛鳥駅西の岩屋山古墳を見学しました。

つどい349

Tudoi34910

Tudoi34911

Tudoi34912

Tudoi34913

Tudoi34914

Tudoi34915

Tudoi34916

Tudoi34917

Tudoi34918
P1360764_1024x576_1024x576
                       キトラ古墳
P1360793_1024x683
                    キトラ古墳四神の館
P1360808_1024x574
                   キトラ古墳四神の館
P1360843_1024x682
                                     
檜隈寺跡 塔柱基台

P1360872_1024x683
                     高松塚古墳P1360892_1024x683
                      高松塚古墳

P1360913_1024x683
                     中尾山古墳
P1360918_1024x683
                     中尾山古墳

P1360941_1024x683
                      岩屋山古墳
201611
20161118_2
20161120
20161119

20161122

『日本書紀』と『日本紀』の関係について(塚口義信先生)

つどい346号
堺女子短期大学名誉学長・名誉教授
塚口義信先生
①→画面をクリックすると大きくなります。
Tudoi3461

Tudoi3462

Tudoi3463

Tudoi3464

Tudoi3465

Tudoi3466

Tudoi3467

Tudoi3468

Tudoi3469

Tudoi34610

Tudoi34611

■塚口義信先生『つどい』論文一覧

 発行月           タイトル
10 1989年8月 神武伝説と『日本書紀』の紀年
11 1989年9月 コノハナサクヤヒメ神話の意味
12 1989年10月 ヤマト政権の成立と王権の推移
13 1989年11月 河内大王家の成立
14 1989年12月 継体大王家の成立
15 1990年1月 蘇我氏は渡来系の豪族か
24 1990年10月 謎の人物茅渟王
27 1991年1月 竹原井離宮と智識寺行宮
36 1991年10月 顕宗・仁賢天皇は架空の人物か
37 1991年11月 『古事記』と天武天皇-『古事記』成立のナゾを探る-
50 1992年12月 ヤマト政権と近江-5世紀代における湖北の政治集団と大王-
51 1993年1月 応神天皇と気比大神
61 1993年10月 大化の新政府と終末期古墳-いわゆる「大化の薄葬令」と横口式石槨墳-
65 1994年1月  「河内王朝(政権)論」の再検討(1)
79 1995年3月 神武伝説解明への新視角
87 1995年10月 武烈天皇の虚像と実像-武烈天皇は日本一の暴君か-
90 1996年1月 神武伝説と物部氏-物部氏の前身の一族の実体を探る-
91 1996年1月 桜井茶臼山古墳・メスリ山古墳の被葬者を探る
101 1996年10月 尼寺廃寺北遺跡(奈良県香芝市)-研究の現状と課題-
105 1997年2月 五色塚古墳の被葬者を探る
111 1997年8月 古代豪族葛城氏の勢力圏と〝葛城〟の範囲
114 1997年11月 ヤマト政権と平群氏-5、6世紀における平群氏の勢力-
117 1998年2月 いわゆる大化薄葬令の再検討
128 1999年1月 10周年記念の言葉 「疑問」は科学の母
129 1999年2月 初期ヤマト政権と椿井大塚古墳・黒塚古墳の被葬者
133 1999年6月 『古事記』をめぐる諸問題(1)
134 1999年7月 『古事記』をめぐる諸問題(2)
136 1999年9月 『古事記』をめぐる諸問題(3)
141 2000年2月 大化の新政府と古墳-終末期古墳の被葬者を解く鍵-
149 2000年10月 神功・応神伝承と母子神信仰
150 2000年11月 『つどい』第150号記念号の刊行を祝す
153 2001年2月  応神天皇と名がえの伝承-日本古代の成人儀礼-
162 2001年11月 6世紀後半における仏教と神祇信仰
165 2002年2月 聖徳太子登場前夜の政治情勢-六世紀後半における政権抗争-
173 2002年10月 日向の政治集団とヤマト政権-四世紀末の内乱と神武伝説に関連して-
177 2003年2月 継体天皇 -謎につつまれた即位事情を探る-
179 2003年4月 神武伝説の形成
185 2003年9月 葛城氏とヤマト政権
191 2004年2月 天之日矛伝説の謎を探る(上)-天之日矛と〝河内大王家〟の成立-
192 2004年3月 天之日矛伝説の謎を探る(下)-天之日矛と〝河内大王家〟の成立-
199 2004年10月 茨田氏と大和川(上)-安堂遺跡・津積郷・津積駅家に関連して-
200 2004年11月 茨田氏と大和川(下)-安堂遺跡・津積郷・津積駅家に関連して-
204 2005年3月 武内宿禰伝説の形成(1)-伝承荷担者の問題を中心にして-
205 2005年4月 武内宿禰伝説の形成(2)-伝承荷担者の問題を中心にして-
207 2005年6月 武内宿禰伝説の形成(3)-伝承荷担者の問題を中心にして-
210 2005年9月 『魏志』倭人伝を読む(1)
211 2005年10月 『魏志』倭人伝を読む(2)
212 2005年11月 『魏志』倭人伝を読む(3-1)
213 2005年12月 『魏志』倭人伝を読む(3-2)
216 2006年3月 武内宿禰伝説の形成(4)-伝承荷担者の問題を中心にして-
217 2006年4月 武内宿禰伝説の形成(5)-伝承荷担者の問題を中心にして-
225 2006年12月 『魏志』倭人伝を読む(4)
226 2007年1月 『魏志』倭人伝を読む(5)-邪馬台国の所在地について-
228 2007年3月 『魏志』倭人伝を読む(6)-卑弥呼の鬼道と三角縁神獣鏡-
231 2007年5月 推古朝政治の実相-聖徳太子の「天皇事(みかどわざ)」とは何か-
241 2008年3月 継体天皇の出自とその即位事情を探る(上)
242 2008年4月 継体天皇の出自とその即位事情を探る(下)
249 2008年11月 鴨集団と4世紀末の争乱
252 2009年1月 巻頭言にかえて-高松塚古墳についての、ある一つの座談会記録-
253 2009年2月 百済王家の内紛とヤマト政権-四世紀末の争乱と関連して-
258 2009年7月 基調講演2 5世紀のヤマト政権と大王
261 2009年10月 5世紀のヤマト政権と日向
264 2010年1月 4・5世紀の丹波とヤマト政権
275 2010年12月 古代日本における聖婚と服属-神武伝説・コノハナサクヤビメ神話における成婚伝承の意味するもの-
289 2012年2月 佐紀盾列古墳群の謎をさぐる-大和北部と山城南部の政治勢力-
292 2012年5月 4・5世紀のヤマト政権と近江(上)-香坂王・忍熊王の反乱伝承を手がかりとして-
293 2012年6月 4・5世紀のヤマト政権と近江(下)-香坂王・忍熊王の反乱伝承を手がかりとして-
306 2013年7月 東大寺の盧舎那仏と河内国大県郡の知識寺(上)
307 2013年8月 東大寺の盧舎那仏と河内国大県郡の知識寺(下)
318 2014年7月 応神天皇と軽島の明宮・難波の大隅宮-佐紀政権から河内政権へ-
321 2014年10月 雄略天皇は「英雄王か」(上)
322 2014年11月 雄略天皇は「英雄王か」(中)
323 2014年12月 雄略天皇は「英雄王か」(下)
326 2015年3月 小山田遺跡についての2,3の憶測-覚書として-

242号以降は本ブログにて掲載されています(号数をクリックしてください)。
それ以前の論文は『つどい300号記念CD』に収録されています。詳しくは豊中歴史同好会までお問い合わせください。

河内大塚山古墳と安閑・欽明の並立(岸本直文先生)

つどい345号
大阪市立大学教授 岸本直文先生
①→画面をクリックすると大きくなります。
3451

3452

3453

3454

3455

3456

3457

3458

3459_2

34510

10/22(土)丹波の歴代大首長墳と隼人の地を訪ねる


10月22日(土) バス旅行

 亀岡市、南丹市、篠山市を訪ねる丹波方面を訪ねる。

20160819

20160817
20160818
つどい348号
⑦→画面をクリックすると大きくなります。
3487_2

3488

3489

34810

34811

34812

34813

34814

34815

34816

34817

34818

「崇峻天皇弑逆事件の真相を探る」(塚口義信先生)

11月度例会・市民講演会は11月5日(土)第1週です。

今月は蛍池公民館との共催事業で
会場は5階第一集会場です。

お間違えなきようお願いします。

会場   阪急蛍池駅前ルシオーレ5階 豊中市蛍池公民館第1集会場

13:00 受付開始 諸連絡

14:00 「崇峻天皇弑逆事件の真相を探る」

講師   堺女子短期大学名誉学長・名誉教授   塚口義信先生

2016111_2
20161118
20161119

■塚口義信先生『つどい』論文一覧

 発行月           タイトル
10 1989年8月 神武伝説と『日本書紀』の紀年
11 1989年9月 コノハナサクヤヒメ神話の意味
12 1989年10月 ヤマト政権の成立と王権の推移
13 1989年11月 河内大王家の成立
14 1989年12月 継体大王家の成立
15 1990年1月 蘇我氏は渡来系の豪族か
24 1990年10月 謎の人物茅渟王
27 1991年1月 竹原井離宮と智識寺行宮
36 1991年10月 顕宗・仁賢天皇は架空の人物か
37 1991年11月 『古事記』と天武天皇-『古事記』成立のナゾを探る-
50 1992年12月 ヤマト政権と近江-5世紀代における湖北の政治集団と大王-
51 1993年1月 応神天皇と気比大神
61 1993年10月 大化の新政府と終末期古墳-いわゆる「大化の薄葬令」と横口式石槨墳-
65 1994年1月  「河内王朝(政権)論」の再検討(1)
79 1995年3月 神武伝説解明への新視角
87 1995年10月 武烈天皇の虚像と実像-武烈天皇は日本一の暴君か-
90 1996年1月 神武伝説と物部氏-物部氏の前身の一族の実体を探る-
91 1996年1月 桜井茶臼山古墳・メスリ山古墳の被葬者を探る
101 1996年10月 尼寺廃寺北遺跡(奈良県香芝市)-研究の現状と課題-
105 1997年2月 五色塚古墳の被葬者を探る
111 1997年8月 古代豪族葛城氏の勢力圏と〝葛城〟の範囲
114 1997年11月 ヤマト政権と平群氏-5、6世紀における平群氏の勢力-
117 1998年2月 いわゆる大化薄葬令の再検討
128 1999年1月 10周年記念の言葉 「疑問」は科学の母
129 1999年2月 初期ヤマト政権と椿井大塚古墳・黒塚古墳の被葬者
133 1999年6月 『古事記』をめぐる諸問題(1)
134 1999年7月 『古事記』をめぐる諸問題(2)
136 1999年9月 『古事記』をめぐる諸問題(3)
141 2000年2月 大化の新政府と古墳-終末期古墳の被葬者を解く鍵-
149 2000年10月 神功・応神伝承と母子神信仰
150 2000年11月 『つどい』第150号記念号の刊行を祝す
153 2001年2月  応神天皇と名がえの伝承-日本古代の成人儀礼-
162 2001年11月 6世紀後半における仏教と神祇信仰
165 2002年2月 聖徳太子登場前夜の政治情勢-六世紀後半における政権抗争-
173 2002年10月 日向の政治集団とヤマト政権-四世紀末の内乱と神武伝説に関連して-
177 2003年2月 継体天皇 -謎につつまれた即位事情を探る-
179 2003年4月 神武伝説の形成
185 2003年9月 葛城氏とヤマト政権
191 2004年2月 天之日矛伝説の謎を探る(上)-天之日矛と〝河内大王家〟の成立-
192 2004年3月 天之日矛伝説の謎を探る(下)-天之日矛と〝河内大王家〟の成立-
199 2004年10月 茨田氏と大和川(上)-安堂遺跡・津積郷・津積駅家に関連して-
200 2004年11月 茨田氏と大和川(下)-安堂遺跡・津積郷・津積駅家に関連して-
204 2005年3月 武内宿禰伝説の形成(1)-伝承荷担者の問題を中心にして-
205 2005年4月 武内宿禰伝説の形成(2)-伝承荷担者の問題を中心にして-
207 2005年6月 武内宿禰伝説の形成(3)-伝承荷担者の問題を中心にして-
210 2005年9月 『魏志』倭人伝を読む(1)
211 2005年10月 『魏志』倭人伝を読む(2)
212 2005年11月 『魏志』倭人伝を読む(3-1)
213 2005年12月 『魏志』倭人伝を読む(3-2)
216 2006年3月 武内宿禰伝説の形成(4)-伝承荷担者の問題を中心にして-
217 2006年4月 武内宿禰伝説の形成(5)-伝承荷担者の問題を中心にして-
225 2006年12月 『魏志』倭人伝を読む(4)
226 2007年1月 『魏志』倭人伝を読む(5)-邪馬台国の所在地について-
228 2007年3月 『魏志』倭人伝を読む(6)-卑弥呼の鬼道と三角縁神獣鏡-
231 2007年5月 推古朝政治の実相-聖徳太子の「天皇事(みかどわざ)」とは何か-
241 2008年3月 継体天皇の出自とその即位事情を探る(上)
242 2008年4月 継体天皇の出自とその即位事情を探る(下)
249 2008年11月 鴨集団と4世紀末の争乱
252 2009年1月 巻頭言にかえて-高松塚古墳についての、ある一つの座談会記録-
253 2009年2月 百済王家の内紛とヤマト政権-四世紀末の争乱と関連して-
258 2009年7月 基調講演2 5世紀のヤマト政権と大王
261 2009年10月 5世紀のヤマト政権と日向
264 2010年1月 4・5世紀の丹波とヤマト政権
275 2010年12月 古代日本における聖婚と服属-神武伝説・コノハナサクヤビメ神話における成婚伝承の意味するもの-
289 2012年2月 佐紀盾列古墳群の謎をさぐる-大和北部と山城南部の政治勢力-
292 2012年5月 4・5世紀のヤマト政権と近江(上)-香坂王・忍熊王の反乱伝承を手がかりとして-
293 2012年6月 4・5世紀のヤマト政権と近江(下)-香坂王・忍熊王の反乱伝承を手がかりとして-
306 2013年7月 東大寺の盧舎那仏と河内国大県郡の知識寺(上)
307 2013年8月 東大寺の盧舎那仏と河内国大県郡の知識寺(下)
318 2014年7月 応神天皇と軽島の明宮・難波の大隅宮-佐紀政権から河内政権へ-
321 2014年10月 雄略天皇は「英雄王か」(上)
322 2014年11月 雄略天皇は「英雄王か」(中)
323 2014年12月 雄略天皇は「英雄王か」(下)
326 2015年3月 小山田遺跡についての2,3の憶測-覚書として-

242号以降は本ブログにて掲載されています(号数をクリックしてください)。
それ以前の論文は『つどい300号記念CD』に収録されています。詳しくは豊中歴史同好会までお問い合わせください。

河内の古道(上遠野浩一先生)

つどい344号
河内の古道
上遠野浩一先生
大阪府立淀川工科高等学校 教諭・『古代史の海』編集長
①↓画面をクリックすると大きくなります。
3441


3442

3443

3444

3444_2

3446

3447

3448

3449

34410

34411

34412

34413

34414

34415

34416

34417_725x1024

34418

34419

34420

34421

34422

34423
34424

34425

34426

9/24(土) 古市古墳群西北部の古墳と寺社を訪ねる

161215_1024x768_2
161216_1024x768
161217_1024x768161218_1024x768
⑪→画面をクリックすると大きくなります。Tudoi34611

Tudoi34612

Tudoi34613

Tudoi34614

Tudoi34615

Tudoi34616

Tudoi34617

Tudoi34618
161219_1024x768
161220_1024x768
161221_1024x768
161222
161223_1024x768
161224_1024x768
161225_1024x768
161226_1024x768
161227_1024x768
161228_1024x768
161229
161230
161231
161232_1024x768
161233_1024x768
161234_1024x768
161235
161236_1024x768
161237_1024x768
161238_1024x768
161239161243
161244
161240
161241_1024x768_2
161242
161245
161246
161247
161248
=end=

« 高尾山古墳出土鏡とその意義(西川寿勝先生)